ハイネックスイーゲル 375ml(300kcal)×16

  • 高エネルギー高タンパク

【ハイネイーゲルの後継品です】

商品名 ハイネックスイーゲル 375ml(300kcal)×16
カタログコード 12244
規格 375ml×16
販売価格 ¥6,168
賞味期限 到着日から3カ月保証
発売元 株式会社大塚製薬工場
保管・配送方法 常温
大豆ペプチド、コラーゲンペプチドを使用した消化態の濃厚流動食品です。食物繊維にペクチンを使用しています。pHの低下により液体からゲル状に流動性が変化します。
<製品特長>
ペクチンのゲル化メカニズムを応用

・水分補給に配慮し、100kcalあたり摂取できる水分量を110mlに調整しています。
・液体栄養としての操作が可能です。
・紅茶風味
・乳たんぱく質は使用していません。
栄養成分値 1袋375ml当たり
エネルギー
(kcal)
水分
(g)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食物繊維
(g)
ナトリウム
(mg)
300 330 12.0 6.6 50.3 4.1 499
カリウム
(mg)
カルシウム
(mg)
マグネシウム
(mg)
リン
(mg)

(mg)
亜鉛
(mg)
食塩相当量
(g)
469 176 68 248 1.76 3.6 1.27

「Tr」・・・微量  「-」・・・未測定    「0」・・・未検出
(予告なく栄養成分値が変更になる場合もございます。最新の栄養成分値は商品パッケージをご参照下さい。)

ペクチンの役割
1.食物繊維として
ペクチンは、植物の葉、茎、果実に含まれる複合多糖類です。
消化管内では腸内細菌で分解されますが、消化酵素では分解されないことから食物繊維として機能します。

2.流動食のゲル化
ペクチンはカルシウムイオンとの反応により、架橋構造に変化し、流動食をゲル化します。
ハイネックスイーゲルに使用したリン酸カルシウムは、バッグ内ではイオン化せず、
カルシウムはリン酸カルシウムとして存在します。
pHが酸性に傾くとカルシウムがイオン化し、ペクチンとの反応により、
ハイネックスイーゲルは液体からゲル状に変化します。

*胃酸の分泌量や酸度の違いによって、ゲル状に変化しない場合があります。

原材料
マルトデキストリン(国内製造)、大豆タンパク酵素分解物、豚コラーゲンペプチド(ゼラチン)、植物油、中鎖脂肪酸トリグリセライド、酵母、コンブエキス/増粘剤(増粘多糖類)、リシン、ピロリン酸Na、塩化K、酸味料、リン酸Ca(大豆由来)、V.C、水酸化K、ロイシン、バリン、メチオニン、結晶セルロース、イソロイシン、酸化Mg、トリプトファン、ヒスチジン、香料、V.E、ナイアシン、ピロリン酸鉄、パントテン酸Ca、V.B6、V.B1、V.B2、V.A、葉酸、V.K2、V.D、V.B12、(一部に大豆、ゼラチンを含む)
  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

 SSL GMOグローバルサインのサイトシール 
このサイトはグローバルサインにより認証されています。
SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。